dancer

カンパニー所属ダンサー紹介

dancer_yasushi

【東海林靖志】

1982年生まれ。
HIPHOPカルチャーの影響で音楽やアート、ダンスに興味を持ち、15歳から踊り始める。その後コンテンポラリーダンス及び即興ダンスに傾倒。2006年「瞬project」結成を機に舞台活動をスタート。
舞踊家/振付家の平原慎太郎率いるダンスカンパニー「OrganWorks」、俳優柴田智之とのユニット「鳥坊主」、柳本雅寛主宰「+81」に参加している他、これまでに森山開次、島地保武、Carmen Werner、齊藤智仁(YUMENOKUNI)、橋口幸絵 等、国内外のコンテンポラリーダンス作品、演劇作品に出演。
ヨガや独自に培ってきた身体技法をベースに独学で探求を続けながら、振付や異分野アーティストとの創作、様々な対象に向けたワークショップも精力的に行っている。北海道札幌市出身、在住。

dancer_ippei

【柴一平】

奈良県出身。18歳より様々なダンスを学ぶ。
現在、フリーのアーティストとして、活動の場は多岐に渡る。ローラン・プティ『ピンクフロイドバレエ』、『エリザベート』トートダンサー、ジョン・ケアード演出『夏の夜の夢』、鈴木裕美演出『夜中に犬に起こった奇妙な事件』、その他、上島雪夫・島崎徹・広崎うらん等の作品に参加。

dancer_aya

【薬師寺綾】

ユニバーサルスタジオジャパン、ウルフルズ、中川翔子武道館ライブ、その他TV、PVなどに出演する中、木下菜津子、平原慎太郎と出会いコンテンポラリーダンスを始める。舞台を中心に活動中。
2013年OrganWorks主宰平原慎太郎とCARMEN WERNER共同作品の日本、ヨーロッパ公演に出演。

dancer_taeko

【町田妙子】

幼少よりクラシックバレエを始める。日本女子体育大学卒業。
在学中より、コンテンポラリーダンスを青木尚哉に師事。ダンスカンパニー金魚(鈴木ユキオ)「揮発性身体論」やCarmen Werner「Tell Me」などに出演。2013年より平原慎太郎の作品に参加している。

dancer_mutsumi

【小松睦】

宮城県気仙沼市出身。気仙沼バレエソサエティにて幼少時よりクラシックバレエを学ぶ。
日本大学芸術学部演劇学科洋舞コース卒業。在学中より加藤みや子に師事。
ドミニカ共和国での国際コンテンポラリーダンスフェスティバルに加藤みや子作品『Voice from Monochrome』にて出演。様々な振付家の作品に出演しつつ、自身のソロ作品を発表している。

dancer_maho

【高橋真帆】

3歳より実家であるいわふねダンスシアターでバレエを、10歳よりコンテンポラリージャズを学ぶ。高校卒業後、東京のBallet Studio Partirに所属。日本バレエ協会等バレエの公演や様々な舞台に出演する。その後2012年に単身渡英。コンテンポラリーやフィジカルシアター等のジャンルを学ぶ。2013年スイスのBallett schule für das Opernhaus Zürich に1年間留学。2014年帰国、平原慎太郎作品を中心に、様々なジャンルのダンス活動をしている。

dancer_haruka

【渡辺はるか】

5歳よりモダンダンスを岡田香、鈴木千穂に師事。ヨコハマコンペティション第一位、こうべ全国洋舞コンクール第二位等受賞。立教大学現代心理学部映像身体学科を卒業し、在学中はチョンヨンドゥの元で学ぶ。自作ソロを発表した横浜ダンスコレクションEX2016にてMASDANZA賞、Touchipoint Art Foundation賞、21MASDANZAにてベストソロ賞、オーディエンス賞を受賞。