OrganWorks

about

<OrganWorksについて>
2013年よりダンサー・振付家である平原慎太郎が主宰となり主に舞台作品の企画、運営及び振り付け、舞台衣裳、映像作品、楽曲、広報デザイン等を制作する団体として活動を始める。
各々の個人的な活動を勢力的に行うメンバーが公演や企画毎に集合し作品を制作し、個人の能力を発揮する為の団体という器に近い状態で存在している。
構成員は平原慎太郎(作品演出、振り付け、ダンサー)、西村友美子(衣裳制作)、Léna Pont(宣伝美術)、熊地勇太(音楽)、坂本英絵(制作)に加え、ダンサーとして東海林靖志、柴一平、菅江一路、薬師寺綾、町田妙子、小松睦、渡辺はるか。

<OrganWorksの作品>
平原慎太郎本人がこれまでの全活動に於いて経験してきたあらゆる表現手段を用いてテーマの時代性を捉え、そこに沿った作品を制作する事を意図としている。
新作のテーマなどからその都度、西村友美子が衣裳に於けるテーマ等のモティーフを探り、作品の持つであろう世界感の枠組みの一端を提示。内側と外側から作品の完成に向かい創作が始まる。