OrganWorks新作公演「WOLF」

 

「WOLF」

物語によく出てくる狼 彼らは一昔前までは山の守り神として称えられていましたが、いつの間にか、害獣と見なされ駆逐されてしまいます。

少しの認識の変化で正義だったものが悪に、伝統的なものが古いものとみなされ、今まで普通だったものが攻撃の対象に。

しかし、いつしかその状態もなくなり、過去に存在した凛々しい生き物として称えられることもあります。

そんな人間によって奇異な存在にされてしまった孤高の存在「狼」を題材にしたダンス作品です。

文:平原慎太郎

公演情報

[公演日時]

7/2(金) ①19:00

7/3(土) ②11:00 *3歳児以上入場可  ③15:00

7/4(日) ④11:00   *3歳児以上入場可  ⑤15:00

 

[会場]

神奈川県立青少年センター スタジオHIKARI  220-0044 横浜市西区紅葉ヶ丘9-1

[チケット料金]

全席自由(11:00開演の回を除き未就学児入場不可)

■一般前売:3,500円

■U-24:3,000円

■高校生以下:1,000円 *入場時に身分証明証をご提示ください。

■当日券:各料金500円増し

△障がい者割引:ご来場時に障がい者手帳ご提示で、お支払いいただくチケット料金から1,000円をキャッシュバックいたします

 

[チケット取扱]

□Peatix              https://organworks-wolf.peatix.com *クレジット払い、コンビニ・ATM払い

□Googleform       https://forms.gle/ktqckGuHEqhz9VpGA *当日現金払い

[チケット発売日]     2021年5月30日(日)

 

[お問い合わせ]

神奈川県立青少年センターホール運営課: 045-263-4475

OrganWorks: office@theorganworks.com

 

[キャスト・スタッフ]

作・演出・振付:平原慎太郎

出演 :町田妙子、池上たっくん、大西彩瑛、村井玲美、青柳 潤

高木稟

音楽: 景井雅之

 

舞台監督/筒井昭善

照明/久津美太地

音響/相川貴

フライヤーデザイン/長谷川健太郎

舞台写真/加藤甫

主催/神奈川県、株式会社クラネオ

協力/セゾン文化財団

企画制作/ OrganWorks、株式会社クラネオ

制作/レイヨンヴェール

 

Message
2020年の「えんえん」に次ぐOrganWorksの新作公演。
平原慎太郎の真骨頂であるテキストとダンスの融合が、「寓話」をストーリーとする新しいアプローチを見せる。
生きるとは何か?
古来から物語で扱われるこの曖昧で普遍的な人間のテーマを、狼を通じて問いかける。
ダンサー陣はそれぞれある一つのキャラクターを演じ、ドラマや映画で活躍する俳優・高木稟がストーリーテラーとして多角的なレイヤーを加え、景井雅之の音楽が人間的な感覚を呼び覚ます。
現代社会の投影を試み、モラルや規範を問いかける意欲作。

 

〜新型コロナウイルス感染防止に向けて〜

神奈川県立青少年センターのガイドラインに沿って、通常の50%以下の座席配置としております。

ご入場の際は、マスクの着用、会場入口での検温、手指消毒にご協力をお願いいたします。

発熱や咳、咽頭痛などの症状のある場合は入場をお断りさせていただきます。

会場である神奈川県立青少年センターは、空調システムにて十分換気ができております。

当日スタッフはマスク着用で対応いたします。

なお感染状況によっては公演を中止する場合もあります。その際は神奈川県のホームページをご覧ください。

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/yi4/organworks21.html

関連企画

✴︎学生対象オープンリハーサル✴︎

ダンスを学ぶ学生の方のために、「WOLF」のリハーサルを特別公開いたします。本作品の創作過程を公開にすることによって、OrganWorksの真髄に触れていただけます。明日のダンスを築いてゆく皆様の感性を刺激し、創作意欲の糧になることを目指しています。

[日時] 2021年6月23日(水) 18:00-20:00

[会場] 神奈川県立青少年センター 練習室

[対象] 神奈川県内の在学または在住の高校生以上の学生(限定10名、先着順、参加無料)

[お申し込み/お問合せ] 神奈川県立青少年センターホール運営 045-263-4475

[申込締切日] 6月18日(金) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です