スペイン滞在記:夜中にぼんやり

師走と言うが人生でベスト5に入るくらいののんびりと有意義な時間を過ごしている。
昼間と午後にレッスンをして後はスタジオでずーっと踊りの事を考える。
考えるという事は一人になる事。
何も無い部屋でただ一人黙々と。一人。
よく一人になると頭をよぎる人っていませんか。
今日も出てきたあの人。
別に好きってんじゃないんだけど顔が出てくるんだ。さっさと追っ払うんだけど、たまにその顔が出てき
やがってそれを理由に稽古を中断したりして。嫌だ。嫌だ。も好きな内か。
知らない。

一人でデュオの構想を練ったり。あるいは誰も居ないスタジオでインプロ(即興)。
良い動きも空に消えてく。とりとめなく。行く先も無い踊り。
根源的?NO.
開放的?ummmmm….
創作?Oh,No.
Que  esto es?

友達に電話。
ほっと一息。声だけで人を暖められるって電話っていいですね。
また音楽をかける。本日の稽古の内容を辿る。シラミつぶしに体の使ってない所を探す。
でも使ってないって事は意識下に無いという事なので難しい。
しかし探せば見つかる。
体を動かすのが好きなんだな〜。へぇ、そうかい。

誰に話しかければいいのだろう。
誰に話しかけてますか。
いつも。
そうです、聞いてしまいましたが、いつも誰を?
向かいに居る人っすか?嘘〜。
自分自身?またまた〜。
ってか誰かは居ますよね。

僕は居ます。そしてその人との間に葛藤があって。なんだ、なんの葛藤か解らないがとにかくそいつと対話
みたいなのをして過ごしている。一人になると途端にそいつのせいで二人になっているかのような危険な
感覚になる。
すると、体が知らない方向にすっと動く。
その感覚があったら今日の稽古は終わり。
自分が自分を通り越したら今日は収穫ありなんだ。そういう日々を送っている。

あなたは?どうでしょう。ああ、いつになくぼんやりとした文章。
どんな年末を送っていますか。忙しくも幸せだといいな。

平原慎太郎

2 thoughts on “スペイン滞在記:夜中にぼんやり

  1. 高橋

    とても良い文章だなあと心に残り、つい繰り返し拝見しています。”冬”の後の、消去されてしまった、題名の無い、”踊り” にたいするブログもなぜか、いても立ってもいられない気持ちになり何度も読み返し。「新しい投稿をメールで受け取る」にチェックさせて頂いていますので、ブログ上で消去されても手元に残るのは、平原さんの今を感じられるのは嬉しいかぎりです。デュオとあるので…特定の男性ダンサーさんのこと…その方のことを配慮されながら書かれているのかな?…いや女性ダンサーさんかな?と想像しますけれど、蚊帳の外の1ファンにはもちろん思いを馳せる術ないですが。…その舞台、そのデュオ、いつか是非拝見したいです。

    just look yourself now / deep inside / deeper than you ever dared / there’s beautiful mess inside / beautiful mess inside ……と聴きながら…

    毎度、私事で大変失礼致しますが…汗

    今回も極東島国にはムツカシイよ問題。
    尊敬する北斗無双様「ん、大丈夫」かーらーのー
    愛する剣鬼武蔵様「はい、了解」の奇跡!!!やった!!!心底嬉しいです!
    いまだ信じられません。汗。
    世界クラスのドSツートップ様達。本当ですね?信じていいんすね?汗←ただの1ファン失礼極まりない…すみません。

    15ヶ月間ひたすら待ちました。拝見出来るのを楽しみに乗り込みます。

  2. Shin Post author

    高橋さん
    メッセージありがとうございます。
    ね、これまた2月は大変ですが素晴らしい時間になりそうで今から心配8割。
    こちらは日々悶々と過ごしております。ご安心ください。
    新作できたら見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です